初!香港6ヶ月滞在記。

あれはちょうど2年ほど前の事、私は当時とあるラーメン屋で働いており、海外にも店舗を出すという事でその手伝いとして香港に行った時の話です。

そのラーメン屋は日本各地(特に関東圏内多数)に出店している有名なとんこつラーメン店で、私は真面目な働きぶりを店長や目上の上司に買われ、念願の海外出店のヘルプスタッフとして行ける事になったのです。

とは言っても今回出店する国ー香港に対するイメージがあまりなく、100万ドルの夜景があった様な気がするー程度のあいまいな知識ぐらいでした。

そしていざ飛行機で降りたった瞬間ムアっとした湿気の多い空気に出迎えられ、私の半年に渡る香港生活はスタートしました。

現地で生活してみるといろんな発見があったのですが、中でもやはり香港料理でした。

小籠包などの飲茶はもちろん米で作られた「マイシン」という麺、そしてデザートにいたってはエッグタルトなど有名な食べ物を手頃な値段で簡単に食べられる事が出来てすごく良かったです。

ただ、やはりいい事もあれば悪いこともあります。

実は香港物価が物凄く高い国。

なので1人世帯のアパートや家はほとんどなく、皆家族で生涯同居するのも珍しくないんです。

それぐらい物価が高いせいでしょうね、私も1つ困った事に当時借りていたアパートメントの寝具を汚してしまい、高額な弁償代を払わされるハメになりました。

ベッドのマットレスに汚れが付着してしまったため買い替えなくてはならないらしく、日本円で2万5千円ほど払わざるを得なくなりました。

私個人的な見解では、もともとそのお部屋自体キレイとはあまり呼べなかったですし、そもそも週一でお掃除しにおばさんが来ますが何処をそうじしたのかな?と思うぐらいあまりクオリティは良くなかったので、果たして薄い汚れで何故そんなにも請求されなきゃいけなかったのか未だに謎ですが、こんな事もあるんだなという勉強になりました。